ENGLISH

前撮りフォトウェディング結婚写真 スタジオゼロ

MENU CLOSE

着物

白無垢

白無垢

最も格式の高い正礼装。
清純無垢、汚れのない純真な白一色の和装。

掛下から小物まで、すべてを白で統一した婚礼衣装です。
白は古来、「太陽の色」とされた神聖な色で、花嫁の清らかさや心の美しさを象徴します。
「嫁ぎ先の家風に染まる」という意味を持つとも言われています。綿帽子がセットになっており、綿帽子をつけた写真、外して洋髪の写真と2パターンで撮影します。
かつらの場合は角隠しもお選び頂けます。

色打掛

色打掛

豪華絢爛な色と柄がポイント。
白無垢と同格の正礼装。

色や柄、刺繍が華やかな婚礼の正礼装です。
室町時代末期~江戸時代にかけて、きものの上にもう一枚別の着物を羽織る打掛姿が武家の女性の正装でした。
現代では挙式に白無垢、披露宴に色打掛というスタイルが多くなっていますが、前撮り・フォトウェディングの際にも着用されることの多い衣装です。

引振袖

引振袖

江戸時代から引き継がれる婚礼衣装。
優雅で華やかな立ち姿が魅力。

裾を引きずって着る振袖で、「お引きずり」とも呼ばれます。
江戸時代では黒の引振袖が武家へ嫁ぐ際に正式な婚礼衣装として着られていました。
引振袖の場合、日本髪でも洋髪でもどちらでもよく似合います。
かつらの場合、日本髪+角隠しのスタイルは引振袖、特に黒引振袖にはぴったりです。
白無垢や色打掛と比較すると身軽なため、ややカジュアルな洋髪スタイルもしっくりとなじみます。

紋付袴

紋付袴

男性和装の中で格の高い正礼装。
凛々しく厳かな黒の紋付羽織袴。

紋付袴は、婚礼における新郎の第一婚礼衣装です。
その中でも黒の紋付袴がもっとも厳格な和装であり、新婦の白無垢や色打掛と同じ格のものです。
スタジオゼロの紋付袴の紋は「丸に違い鷹の羽」となります。
ご自分の家紋をご希望の場合は、家紋.com様などで貼り家紋をご用意下さい。